家の耐水性を格段に上げる|外壁塗装をする理由とは

  1. ホーム
  2. 専門業者が一番

専門業者が一番

一軒家

日本の一軒家で最も利用されている外壁はサイディングと呼ばれるセメント質と繊維質を固めて板状にしたもので、軽量で単価が安く、火にも強いためモルタル壁に代わって外壁に使われるようになってきました。しかし、サイディングは吸水性があるため、雨水を吸ってしまうため徐々に汚れが目立つようになり、およそ7年程度が耐用年数と言われています。住宅のリフォームを考える時に最初に外壁塗装が選ばれるのは、サイディングの特徴によるものとなっています。外壁塗装をする業者には、外壁塗装専門会社もあれば、リフォーム会社、工務店などがありますが、外壁塗装には定価がなく、ほとんどの人は知識を持っていないことから目に見える表面だけで判断しがちですが、外壁塗装で最も重要な下地処理がどうなっているか判断ができないことで業者を選ぶことが難しくなっています。そこで外壁塗装をしてもらう業者を選ぶポイントを押さえておくようにしてください。まずリフォーム会社や訪問販売業者は営業マンや下請け業者に対する中間マージンが発生します。工務店でもほとんどが下請け業者に作業を依頼することになるでしょう。塗装専門の業者であれば、中間マージンが発生しないためリフォーム業者などよりも安価に塗装をしてくれます。そして1つの業者だけに決めないで複数の業者から見積もりをもらうようにしてください。塗装の仕方は1つだけではないため、現地調査をした後いろいろな提案をしてくれる業者を選ぶと良いでしょう。現地調査もせずに見積もりを提示するような業者には頼るべきではありません。